本文へスキップ

臨床心理士資格ガイド、臨床心理士になるために

臨床心理士 資格取得

臨床心理士になるには/臨床心理士資格取得ガイド、臨床心理士になるために

臨床心理士になるには

臨床心理士の資格は、心理学を専攻する指定された大学院修士課程を修了後、資格審査(年1回の筆記・口述試験)に合格した場合に、財団法人日本臨床心理士資格認定協会が認定するものです。

また、資格取得後も5年毎に資格更新審査が行われ、心理臨床能力の維持発展のために、研修や研究が義務づけられています。

ただし資格試験を受けるためには、あらかじめ臨床心理士養成に関する指定大学院または専門職大学院の修了を基本モデルとする“受験資格”の取得者が対象となります。


◆受験資格

●指定大学院(1種・2種)を修了した者
●臨床心理士養成に関する専門職大学院を修了した者
●諸外国で指定大学院と同等以上の教育歴および必要な心理臨床経験2年以上を有する者
●医師免許取得者で、必要な心理臨床経験2年以上を有する者  など

試験は筆記の一次試験と口述面接の二次試験が実施されます。

ちなみに、一次試験は筆記試験は100題の設問(多肢選択法、マークシート方式)と定められた字数の範囲内で論述する小論文です。

合格率も6割以上とそれほど難しい試験ではありません。

しかし、この資格試験を受験するためには、日本臨床心理士資格認定協会が認定した臨床心理士指定大学院を卒業しなければならないのです。

つまり、大学院で2年間しっかりと臨床心理学について勉強してはじめて臨床心理士の資格試験を受けるチャンスが与えられるわけです。

こうしたきちんとした過程を経るからこそ、数あるカウンセリング系の資格の中でも、臨床心理士が最も信頼されているのです。






■ 臨床心理士の職場
■ 臨床心理士の活動
■ 臨床心理士のメリット
■ 臨床心理士になるには
■ 臨床心理士の更新制度



information

   臨床心理士 資格取得ケイコとマナブ

カウンセラーの通信講座・通信教育・資格・検定
   心理カウンセラー 講座ヒューマンアカデミー

本講座は、グループワークによるトレーニングを行うため、独習では得られない実践的なスキルを短期間で得ることが可能です。
   介護・福祉・医療の資格を取るなら『シカトル』

LINK1   2   3   4   5   6   7   8